ソフトバンク今宮2安打も「負ければ意味がない」(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 楽天対ソフトバンク 3回表ソフトバンク1死二塁、左前適時打を放つ今宮(撮影・足立雅史)

<楽天4-3ソフトバンク>◇9日◇楽天生命パーク

2安打を放ったソフトバンク今宮健太内野手が首位打者を維持した。打率3割4分3厘に引き上げ好調を維持。それでも2戦連続のサヨナラ敗戦に笑顔はなし。「(打撃は)すごくいい状態だけど、チームが負ければ意味がない」。

3回に放った左前適時打を最後にチームは4回以降無得点。「昨日も7点取ってサヨナラ負け。今日も3点取ってから点を取れなかった。常に1点を取る気持ちを持っていないと」と、気を引き締めた。