大谷、右肘死球も「かすった感じ」で心配は無用(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: タイガース対エンゼルス 6回表エンゼルス2死、死球を受けるエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

<タイガース10-3エンゼルス>◇8日(日本時間9日)◇コメリカパーク

エンゼルス大谷翔平投手(24)が「3番指名打者(DH)」で出場し、第3打席で右肘に死球を受けた。左腕ボイドの3球目。カウント1-1からの87・9マイル(約141・5キロ)ツーシームが内角に食い込み、打撃時に装着しているエルボーガードに当たった。

大谷は試合後「かすった感じだったので、どこに当たっているのかはよく分からないです」と話し、痛みはなかったとの問いに「はい」と答えた。昨年10月1日に手術した右肘だったためヒヤリとしたが、心配ない様子だった。

一塁上ではタイガースの一塁手カブレラと何やら談笑。会話については、「言えない内容から、『手術どうだった?』とかそんな感じです」と明かし、英語で簡単なやりとりを行ったという。