白鵬休場「仕方ない」親方 元号またぐ連続Vならず(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 白鵬

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が夏場所(12日初日、両国国技館)を休場することが9日、決まった。師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)が明らかにしたもの。右上腕二頭筋断裂で全治3週間以上といい、この日、日本相撲協会に休場届、診断書を提出した。白鵬の休場は途中休場した初場所以来12回目。

【写真】体をねじりながら両腕の感覚を確認する白鵬

白鵬はこの日、朝稽古に姿を見せなかったが、都内の同部屋前で取材に応じた同親方は「休場します。徐々に治ってきているけど、まだ思い切り当たったり、相撲を取れる状態ではない。(白鵬と)昨日夜に話して“休場します”と聞いた」と話した。白鵬は優勝した春場所千秋楽の鶴竜戦で右上腕を負傷。巡業を含め、胸出しなどはしても、相撲をとっていなかった。

夏場所は新元号の令和になって初の場所。白鵬は平成最後の場所だった春場所と、元号をまたぐ2場所連続優勝を目指していた。同親方は「本人は特に残念がっているけど、仕方がない」。患部の筋肉は7割方が断裂していると説明してきたが「徐々に筋肉がついてきているようです。治療は、動かしたりせずじっとしておく以外にない。そうすれば、自然と1カ月ぐらいで治るようです」と話した。今後は手術などの予定はなく、静養による回復を図りながら、名古屋場所での復帰を目指していく。