菊池雄星「カーブの重要性を感じる」/一問一答(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: ヤンキース戦に先発するマリナーズ菊池雄星(AP)

<ヤンキース1-10マリナーズ>◇8日(日本時間9日)◇ヤンキースタジアム

マリナーズ菊池雄星投手(27)がヤンキース戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を投げて3安打1失点1四球3奪三振と好投し、2勝目(1敗)を挙げた。 6回途中まで無安打に抑える快投で、日本人メジャーとしては「令和初勝利」となった。

一問一答は以下。

-6回まで無安打

菊池 まだ6回でしたし、とにかくチームを勝ちに導きたいという思いで無我夢中で投げていました。

-良かったところは

菊池 初回、ばたついたりしたんですけど、ファインプレーがあって、ここで崩れてはいけないと勇気をもらいました。2回以降はうまくカーブ、スライダーを主に投げてうまく切り替えられたと思います。

-カーブが有効

菊池 強打者がそろっているので、カーブで緩急をつけるのが大事かなという思いでミーティングでも話してましたし、それがうまくはまったと思います。速球が思うようにいかない中で、スライダーとカーブ、外からボール球から入れるのとストライクからボールになるのと、うまく散らしながら投げられたと思います。

-(前日の)田中投手の大人の投球も参考に

菊池 もちろん、横でずっと見ていました。毎年結果を出し続けている方。勉強になることばかりでした。

-カーブの意図

菊池 角度、回転数とか気にしていないですけど、日本にいた時以上にカーブの重要性を、ここ8~9試合投げて感じますね。

-幅が広がった

菊池 いろんな引き出しが毎試合増えているとは感じます。そこを監督、コーチ、捕手も認識してくれて、配球も少しずつ変わってきているのは感じます。もっと要求通りに投げられたらと思います。

-ヤンキースタジアムのマウンド

菊池 ファンも熱狂的で、一昨日からすごい環境でやるんだなと、ヤンキースの選手は…。そこはすごく感じてました。他のスタジアムとはひと味違った雰囲気でした。

-着実なステップ

菊池 まず、自分の球を日本で投げていた球に戻すことが、早い段階でできた。もっとボールとかマウンドとかで変わるのかな、アジャストするのに時間がかかるのかと思ってましたけど、そこをスムーズにいけたというのが大きかった。配球の違いとかにも、少しずつ勉強しながら対応できているかと思います。