長友「ドラマありすぎ」劇的なCL準決勝2試合に(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: DF長友佑都(19年1月撮影)

トットナム(イングランド)がアウェーでアヤックス(オランダ)を3-2で下し、2試合合計3-3のアウェーゴール数差で、クラブ史上初の決勝進出を果たした。2-2の後半ロスタイムにブラジル代表MFルーカス・モウラ(26)がハットトリックとなる決勝点を決めて劇的勝利となった。6月1日にマドリードで行われる決勝はリバプールと対戦。

【写真】トットナム・ポチェッティーノ監督と握手するアヤックス・テンハーグ監督

   ◇   ◇   ◇

トルコ1部ガラタサライDF長友佑都(32)は9日、自身のツイッターで第2戦でバルセロナ(スペイン)から4得点を挙げて大逆転劇(2試合合計4-3)を演じたリバプール戦に続く奇跡に「チャンピオンズリーグって何なん?ドラマありすぎ。2日連続でやばい試合を見たわ。フットボールさん怖いよ」と大興奮だった。