阪神梅野ビンタ打法で不敗弾!昨年4月から9連勝(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 広島対阪神 2回裏阪神無死、中越え先制ソロ本塁打を放ちナインと笑顔でハイタッチする梅野。後方は矢野監督(撮影・上田博志)

<広島5-7阪神>◇2日◇マツダスタジアム

梅ちゃん弾から豪快に鯉料理だ! 阪神梅野隆太郎捕手(27)が2回先頭で先制決勝の4号ソロを放った。この一撃を口火に8長短打を集め、今季1イニング最多7得点の猛攻。梅野がアーチをかけると9連勝の不敗神話で、広島戦の連敗も6で止めた。貯金5、首位広島と4ゲーム差2位の好位置で、リーグ戦は一時中断。4日の敵地ロッテ戦から、前半のヤマ場となる「日本生命セ・パ交流戦」に挑む。

    ◇    ◇    ◇

ぐんぐん伸びた。梅野にバチンとはじかれた白球は、弾丸ライナーでバックスクリーンに飛び込んだ。

「真っすぐ一本に絞って。狙い球を一発で仕留めることができた。(感触は)完璧でした」

華々しく猛攻の口火を切った。0-0の2回。先頭梅野の1発に導かれ、打者12人で長単8安打を浴びせて一挙7得点。前回敗れた広島先発アドゥワをKOした。「自分がキャッチャーをしていても、ホームランは勢いや流れが出るので、バッテリーとしては嫌ですから」と会心だ。

遠くに飛ばすイメージができている。梅野は「バットが曲がることなんて絶対にないけど」と前置きした上で、ムチのようにしならせて打つ感覚を明かした。

「ボールに力をより伝えるために、しなりを意識しています。ビンタするのと一緒かな? 普通にバンとたたかれるよりも、手首を返してバチンとたたかれる方が痛い。バットも一緒。だから、しなりを大事にしています」

これぞ梅野流“ビンタ打法”による1発。ウイットに富んだたとえも、妙に説得力がある。

昨季終盤には右肘を疲労骨折、今季は左足薬指を骨折した。満身創痍(そうい)で試合に出続けているが「(状態は)だいぶよくなって、自分のベストの状態でこれから挑んでいけると思う」と力強く言った。

矢野監督は交流戦前までの戦いを振り返り、「本当、リュウがよく頑張ってくれている」と唯一、固有名詞を上げた。攻守にわたり、MVP級の活躍でチームの2位に貢献している。

梅野が1発を打つとチームは昨年4月から9連勝。「運がいいのかな? と思う。自分が打って、何とか守り抜いているんじゃないかな」と表情を緩ませた。

負ければ首位広島と6ゲーム差がつくところで踏ん張り、広島戦の連敗も6で止めた。「3タテと1勝2敗では全く違う。交流戦に入っても、とにかく上を目指してやっていきたい」。貯金5で2位を死守。首位とゲーム差4で交流戦に臨む。今度はパ・リーグ相手に梅ちゃんパワーを発揮する。【真柴健】