阪神近本4戦ぶりマルチ「いい形」も好機で凡退反省(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 2回裏阪神1死二、三塁、右前に適時打を放つ近本光司(撮影・上田博志)

<広島5-7阪神>◇2日◇マツダスタジアム

阪神近本光司外野手は1-0の2回1死二、三塁で右前適時打を放ち、リードを広げた。

【写真】矢野監督は近本の右前適時打にベンチでガッツポーズを見せる

初回の右前打と合わせて4試合ぶりのマルチ安打。「自分の中ではいい形で打てた。しっかり1本、と毎試合思っている」。それでも5回2死二、三塁の得点機で三ゴロに倒れたことを反省。「いいところでもう1本出れば楽に試合を運べた。チャンスに強くなれるよう練習します」と貪欲だった。