ランパード監督の去就を叔父H・レドナップ氏が語る(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 現役時代のフランク・ランパード氏(12年12月13日撮影)

フランク・ランパード監督(40)が現役時代にプレーした古巣チェルシーの監督になりそうだと、叔父で元サッカー選手のハリー・レドナップ氏が口にしたと17日付の英BBC(電子版)が報じた。

【別カット】現役時代のフランク・ランパード

現在2部ダービーで指揮官を務めるランパード監督は、サリ監督の後任候補として、連日報じられている。ランパード監督は、指導者1年目でダービーをプレーオフに進出させた。

「もしチェルシーから呼ばれたら、彼にとって断るのは難しいだろうね。私の個人的な意見だが、彼はチェルシー監督になるだろう。そうなると私は感じている」とレドナップ氏はBBCラジオ5でインタビューに応じた。

ランパード監督は、現役時代にチェルシーで3度のプレミアリーグと1度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たした。チェルシーが同監督を招く場合、ダービーに違約金400万ポンド(約5億4400万円)を支払う必要がある。(A・アウグスティニャク通信員)