52歳部長が会社を辞めずに得た二つの顔 趣味が起点(日経ARIA)




[ 元の記事 ]
出典元: 今の仕事にやりがいはある。長年勤めた会社に愛着もある。転職したいとは思わない。けれど「何か新しいことを始めてみたい」「もっと自分らしさを生かした仕事をしてみたい」――そう思うARIA世代は多いだろう。花とグリーンのギフトを扱う第一園芸で店舗…

今の仕事にやりがいはある。長年勤めた会社に愛着もある。転職したいとは思わない。けれど「何か新しいことを始めてみたい」「もっと自分らしさを生かした仕事をしてみたい」――そう思うARIA世代は多いだろう。花とグリーンのギフトを扱う第一園芸で店舗事業部長を務める香取邦枝さん(52歳)は、本物の植物をあしらったボタニカルアクセサリーブランド「Kunie Katori」のデザイナーという顔も持つ。香取さんはどうやって、会社を辞めることなく、会社の中にanother STAGEを創り出したのだろうか。

【関連画像】全て花や葉、木の実で作られたカラフルなアクセサリー。発売後、インフルエンサーたちがSNSで拡散し、話題になった

●店舗事業部長兼デザイナーとして活躍

 花や葉、木の実があしらわれた優しい色合いのピアスやイヤリング。これらは全て、本物の植物を使ったボタニカルアクセサリーだ。自然のフォルムを生かしたデザインで、同じ植物であってもどれも表情が異なり、世界に一つしかないのも魅力。2018年3月にオープンした第一園芸の新コンセプトショップ「BIANCA BARNET(ビアンカ バーネット)」各店で発売したところ、すぐに話題となり、現在も人気商品となっている。

 この植物を使ったアクセサリーを発案、デザインしているのは、現在、第一園芸で店舗事業部長として関東近郊を中心に10店舗の運営管理を任されている香取邦枝さんだ。

●フラワーデザインは未経験 趣味がきっかけに

 アクセサリーデザイナーとして活躍する香取さんだが、実はフラワーデザインの経験はなく、アクセサリー作りは趣味の一つだったという。「もともと絵をかいたり、何か作ったりするのが好きで。昔からマフラーを編んだり、バッグを作ったり、手芸やもの作りを趣味としてやっていました。30代後半から半貴石などを使ったアクセサリー作りにはまりまして。仕事が忙しくなると、ストレス発散のために手を動かしたくなるんです。精神安定剤のような感じですね(笑)」

 趣味でアクセサリーを作っていた香取さんは、いったいどのようにして新ブランドのデザイナーとなったのか。きっかけは、社内の部門横断プロジェクトに参加したことだった。