ファン垂涎の揚げたてカレーパン! “パン好きの聖地”が東京駅内に初出店(CREA WEB)




[ 元の記事 ]
出典元: 1日に700個ほど売れるというオリジナルカレーパン。

2019年7月10日(水)、東京駅北通路周辺に新たに3ショップがオープンする。

 今回は、2020年に誕生する新商業エリアに先駆けての開業。

 東京オリンピック・パラリンピック開催前の全体開業では、約70店舗からなる商業エリアが東京駅北通路周辺に完成する予定だ。

 今回の新店オープン、注目は「Zopf カレーパン専門店」。

 “パン好きの聖地”と呼ばれる千葉県松戸市のベーカリー「Zopf」が東京に初出店だ。不動の一番人気を誇るオリジナルカレーパンを揚げたてで提供する。

 粗目のパン粉をつけてじっくり香ばしく揚げるオリジナルカレーパンは、ボリュームもあり、1個でしっかり満足。

 牛肉をたっぷり使いスパイシーに仕上げたカレーフィリングを、モチモチしたやや甘めの生地が引き立てる。

 同時に、「HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店」もオープン。

 “東京みやげ”にふさわしい人気銘菓はもちろん、ここでしか買えない限定商品も取り揃う。

 注目は、「HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店」限定の新商品、グレープストーンの『東京ばな奈バターマドレーヌ、「見ぃつけたっ」』や、カカオの薫り広がる東京ひよこの『トロワアンプレス ショコラひよ子』など。

 店頭イベントでは定期的にブランドを入れ替え、新しい東京みやげを発信していく。

 また、「ニューデイズ グランスタ東京中央通路店」も丸の内中央口付近に新たにオープンする。 

 3ショップの開業は、2019年7月10日(水)。2020年に向けて、ますます進化する東京駅から目が離せない。

東京駅公式サイト

https://www.tokyoinfo.com/