ウルトラマン故郷と都市提携の須賀川に円谷姓/秋田(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: ウルトラマンエースのメタリウム光線のポーズで強豪撃破を誓う須賀川エース円谷

第101回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)福島大会が、10日に開幕する。福島大会では、ウルトラマンの故郷「M78青雲光の国」と姉妹都市提携を結ぶ須賀川のウルトラマンA(エース)右腕・円谷堅斗(3年)に注目だ。

ウルトラマンの生みの親で特撮の神様、故円谷英二氏と血縁関係はないが同姓。最速139キロながらキレ味鋭い“ストレート光線”で、強豪の“怪獣”たちを倒す使命を担う。

   ◇   ◇   ◇

君にも見えるウルトラの星~♪ 須賀川の町には午後5時半に、「帰ってきたウルトラマン」の主題歌が大音量で流れる。午前7時はウルトラセブン。テーマに合わせて投球練習を行う円谷は「強豪私立はうまい人ばかりだけど負けたくない。上位に進出して、子どもたちが『須賀川高校で野球がしたい』と思ってくれるような結果を出したい」。ウルトラマンが地球で戦える3分間ではなく、3年間の戦いの集大成としてヒーローになることを誓った。

昨夏は4回戦で準V福島商に1点差負け。今春は右肩の違和感でほとんど登板できず、同校に再び敗れた。今夏、順当にいけば最初のシード校との対戦は、昨秋の練習試合で2ケタ失点を喫した第1シード東日本国際大昌平。「ボコボコにされたので、やりかえしたい」。リベンジに向け、今冬は食事量を増やして体重を約10キロ増やし、走り込んで下半身も強化してきた。

球速以上に回転数に着目してきた直球。「プロの1軍と同じレベルの2300回転を安定して出すことを目指しています」。冬は1900台だったが、現在は2300を超える時もある。土浦日大(茨城)や酒田南(山形)など、県外の強豪と練習試合を繰り返し、経験も積んだ。6月下旬には東北大会4強の鶴岡東(山形)に大量失点。「制球力の大事さを、あらためて気付かせてもらいました」。安定したフォームの再構築が夏までの課題だ。光南、白河など指導歴20年を超える箭内寿之監督(49)も「私が今まで見てきた中で一番力のある子。球質が良い」と信頼を寄せる。

ウルトラマンエースの必殺技「メタリウム光線」のごとく、“ストレート光線”に磨きをかけてきた。戦え、戦え、ウルトラマンエース♪僕らのエース♪ 13連覇を狙う聖光学院などの“怪獣”を倒す。【鎌田直秀】

◆円谷堅斗(つむらや・けんと)2001年(平13)10月9日生まれ、福島・浅川町出身。浅川小3年時に棚倉キッズで野球を始め、浅川中では郡山中央ボーイズでプレー。178センチ、76キロ。右投げ右打ち。家族は両親と兄2人。