接客業は必見! 「ムカつかれる笑顔」と「好かれる笑顔」の違い(HARBOR BUSINESS Online)




[ 元の記事 ]
出典元: ※本画像の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。

こんにちは。微表情研究者の清水建二です。みなさんの周りにいつも笑顔で良い印象を醸し出している人や逆に笑顔なのに悪い印象を醸し出している人はいませんか。周りではなく、「自分がそうだ!」と思われている方もいるかも知れません。同じ「笑顔」なのに一方は好まれ、もう一方は嫌われる。なぜそんなことが生じてしまうのでしょうか?

 よくある解説が、口角のみが引き上げられ、目が笑っていない愛想笑いはあまり良い印象を与えられず、口角が引き上げられ、目尻にしわがよる真の笑顔は良い印象を与えられる、というものです。

 この解説はもちろん間違いではありません。しかし、笑顔には愛想笑いと真の笑顔以外にも多くの種類があり、様々な印象を私たちに与えます。しかも、ちょっとした笑顔の違いでも大きな印象の差を生み出すことが知られています。