球宴練習ユニ発表、開催地東京と兵庫の色あしらう(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: マイナビオールスターゲーム2019でセ・パ各リーグが着用するマジェスティックのプラクティスユニホーム

日本野球機構(NPB)は2日、マイナビオールスターゲーム2019(7月12日=東京ドーム、同13日=甲子園)のオフィシャルサプライヤーのファナティクス・ジャパン合同会社による、マジェスティックブランドのプラクティスユニホームのデザインが決定したと発表した。

リーグを象徴する色をアクセントに開催球場の都県の旗の色、江戸紫(東京都・東京ドーム)、セルリアンブルー(兵庫県・甲子園)のラインを袖や襟などにあしらった。右袖にはマイナビオールスターゲーム2019のロゴ、左袖には選手ごとに所属球団のマークが入る。ユニホームの脇には各6球団をイメージした色を星形にして配した。