80年幻モスクワ代表を東京五輪参加へ 山下氏要望(日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 組織委の森喜朗会長に就任あいさつを行ったJOC山下泰裕新会長(左)(撮影・三須一紀)

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕新会長(62)が2日、都内の2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会を訪れ、森喜朗会長(81)に就任のあいさつを行った。山下氏は、日本が参加をボイコットした80年モスクワ五輪で幻のオリンピアンとなった元代表選手を、来年の東京五輪に何らかの形で参加できるよう、森氏に正式に要望した。

【写真】森喜朗会長がJOCと日本スポーツ協会の再統合案

森会長によると、山下氏が会長になる前から内々に相談を受けていたといい、組織委はモスクワ五輪の代表にどのように東京五輪に参加してもらうか、検討を始めている。

山下氏自身もモスクワ五輪ボイコットの当事者で出場できなかったが、84年ロサンゼルス五輪の柔道無差別級で金メダルを獲得した。山下氏は「私は過去を振り返ることは好きじゃなかった。でも、よく考えたら私は恵まれていた。モスクワ五輪が唯一のオリンピックだった方は何らかの傷を抱えている方もいる。アンケートを取り、どのように参加したいかを聞きながら組織委と方法を考えたい」と発案した理由を語った。