レッドブル、オーストリアで速さを発揮も……その理由は“完全には”分かっていない?(motorsport.com 日本版)




[ 元の記事 ]
出典元: レッドブルは今季初優勝となった

F1第9戦オーストリアGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季初優勝を遂げた。

【動画】F1第9戦オーストリアGP:決勝ハイライト

 フェルスタッペンはフロントロウからのスタートとその出足に期待が集まっていたが、アンチストールシステムの作動によって失速。一時は8番手まで順位を落としてしまう事態となった。

 しかし、フェルスタッペンは怒涛の追い上げでギャップを詰め、遂にフェラーリのシャルル・ルクレールも追い抜いて今季初優勝をその手に収めた。ただ、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーはそれがなぜかを完全に説明できないと語っている。

「レース後半では、我々に火がついたようだった」と、ホーナーは語る。

「マシンは信じられないほどに速かった。ただ、現実としては我々はなぜかを完全には理解できていないんだ」

「明らかに過去数戦でマシンに持ち込んだアップデートが良い方向に進み、とても上手く機能し始めた。ただこのレースの勝利は厳しい道程だった。主なライバル(メルセデスとフェラーリ)のうち3台をパスする必要があった。だがマックスはそれをまさにやってのけたんだ」

 オーストリアGPでレッドブルが持ち込んだアップデートには新型のフロントウイングがあるが、フェルスタッペンはそれがマシンのグリップとフィーリングの改善に役立ったと考えている。

 今回の勝利は、レッドブルがパワーユニットサプライヤーをルノーからホンダへ変更したことが正しいと証明すること、そしてレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコが目標に挙げた「2019年に5勝」を達成することに一歩近付いたと言える。

 今季5勝という野望は今年のメルセデスの強さを考えると難しいようにも思える。だが、マルコは今も諦めてはいないようだ。

「東京でのプレスカンファレンスで私は5勝を約束した」

「一部の人は私のことを気が狂っているとかどうとか言いふらしていたが、私は今もそれが達成できると信じているよ」

 マルコはメディアに対してそう語った。

 また、ホーナーはより慎重な姿勢を示しており、5勝といった特定の目標よりもシーズンを通じた安定的な進捗を望んでいると語った。

「我々はホンダと共にレース優勝を果たした。彼らにとっても素晴らしい瞬間だ。彼らは過去27年で1度勝利していたと思うので、今はそこに積み上げていこうとしているんだ」

「我々はマシンパフォーマンスを上げるためにプッシュし続ける。ただ、最初の目標は大いに達成されたと言えるね」