関空にLCC「フィリピン・エアアジア」が就航 首都マニラ直通便が毎日1往復(MBSニュース)




[ 元の記事 ]
出典元: MBSニュース

フィリピンのLCC(=格安航空会社)が、関西空港とフィリピンの首都マニラを結ぶ直行便を就航させました。

 7月1日に就航したのはマニラを拠点とするLCC「フィリピン・エアアジア」で、関空―マニラ間を毎日1往復します。フィリピン・エアアジアの便が日本で就航するのは今回が初めてで、エアアジアグループとしては3社目の関空就航となります。

 「(マニラに)帰ります。使いやすいし安い。」(利用客)
 「年に8~10回海外に飛ぶので。トランジット(乗り継ぎ)は嫌。直通が一番便利。めちゃめちゃ安いと思います。」(利用客)

 観光やビジネス需要の高まりからフィリピンへの航空アクセスが増えていて、関空―マニラ便だけでもすでに週64便が運航しています。