なぜ更年期女性に「手のトラブル」が多く起こるのか?(OurAge)




[ 元の記事 ]
出典元: 更年期にはいって「手の不調」を訴える女性は多い

「更年期世代の女性の手のこわばりや痛みについて、なぜ起こるのか、実ははっきりわかっていません。個人差も大きく、年齢を重ねても症状が出ない人もいますし、長年手指を使う仕事をしていてもなんともない人もいます」と語るのは、まえだ整形外科・手のクリニック院長の前田利雄さん。

「ヘバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症は変形性関節症と呼ばれる疾患ですが、これらに関して女性ホルモンとの関係が指摘されています。ひとつの説ですが、腱や関節には受容体があり、炎症が起きた際、その部位の受容体に女性ホルモンがくっつくことで炎症が鎮まり、痛みや腫れが引くといわれています。

ところがホルモンの分泌量が減るとそのメカニズムが成立しなくなり、不調が解消しないままになってしまう。手のトラブルに悩む患者さんは、女性の割合が圧倒的に大きく、世代的にも女性ホルモンの分泌量が激減する40~50代が多いことから、女性ホルモンの減少が原因のひとつなのではと考えられているのです」

原因がわからないため、治療は基本的に対症療法になると前田先生は話す。一方、患者サイドの体験談として、1年前、突然右手親指の付け根が痛くなったというOurAge編集部員Uの例を紹介しよう。

「最初は突き指かと思っていましたが、数日後には両手の親指がカクンとなり、痛みでペットボトルが開けられない、トイレで下着を引き上げるのもひと苦労という状態に。困って手外科を訪ねたところ、腱鞘炎と診断されました。局部に痛み止めの注射を打ってもらったら3日で痛みが消えたのですが、先月から症状がぶり返してしまって…。今は痛みが強いときだけ、病院でもらった痛み止めのクリームを塗っています。温めると楽になるので、お風呂でマッサージしたり、サプリメント『エクエル』を飲むなどして、これ以上悪化しないよう気をつけています」

クリニックでの「手のトラブル」の具体的な治療法については、次回詳しく紹介する。

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/上田恵子