夏場の睡眠不足に活用したいアイテムとは?(OurAge)




[ 元の記事 ]
出典元: 種類も豊富なアイマスク。お気に入りを見つけよう

今年の夏至の日は6月22日。陽の最高値のエネルギーを感じられるのが、夏至の日だ。東京の日の出は4時26分、日の入りは19時だった。

「当然、夜の時間が短くなる訳ですから、寝不足気味と感じている方も多いのではないでしょうか」と語るのは、「ネムリノチカラ代表」、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコさんだ。

「それも特に明け方に感じていませんか?日の出が早い分、日差しが部屋の中に入り、いつもより早くあなたを起こしているかもしれません」

そこで使って欲しいアイテムは「アイマスク」だとヨシダさん。旅行の飛行機内や旅行には持参しても普段使いはせず、使っても「入眠時」が多いアイテムではないだろうか。

「朝、いつもより早く目が覚めそうになったら、アイマスクをそっとつけて光を遮断します。しっかり目覚める前なら、すんなり再入眠できるはずです。もちろん、入眠の時から装着して寝るのも手ですが、朝方には取れていることもありますからね」

ただ、注意点もあるそう。それは「寝過ごさない」ようにすること。
「光を遮ることで、いつもより長く深く寝てしまう可能性もありますから、その場合は、必ず夜のうちに目覚ましをセットしておいてくださいね」

アイマスクを活用して、今宵も良い眠りを。