マラガ岡崎3戦連続で招集外、未だ選手登録できず (日刊スポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 岡崎慎司(2019年6月25日撮影)

スペイン2部リーグ、マラガのビクトル・サンチェス・デル・アモ監督が試合前日の31日、第3節ジローナ戦に向けた招集メンバー19名を発表したが、FW岡崎慎司(33)は開幕から3戦連続でメンバーに入ることができなかった。

【写真】未だ選手登録できない岡崎慎司

マラガの地元紙ラ・オピニオン・デ・マラガによると、クラブのサラリーキャップ違反により、岡崎は引き続き選手登録ができていないとのこと。ホセ・ロドリゲス、イバン・ロドリゲス、アレックス・ムラも同様の理由で招集外になっている。

前節ラスパルマス戦からの変更点は、イスマエル・カサスとケリヤンが外れた一方、ロンバンがケガから復帰し、フベニール(高校生年代のカテゴリー)のゴンサロとアドリアン・キンテラのGK2選手が新たにメンバー入りしたことである。

ビクトル・サンチェス・デル・アモ監督は試合前日の記者会見で「我々はジローナ戦に向けて選手登録できることを望んでいたが、最後の瞬間に1人も選手登録することができなかった。そのため今、大事なのが起用可能な選手たちである一方、我々は選手登録ができるのを待ち続けている」と説明した。

マラガのジローナ戦招集メンバー19名は次の通り(※最終的に1選手がベンチ外)▽ムニル、ディエゴ・ゴンサレス、ロンバン、ブラールド、フアンカル、アドリアン、レナト・サントス、シフ、パチェコ、ウーゴ・バジェホ、ラモン・エンリケ、ルイス・ヌニョス、ケイディ・バレ、ゴンサロ、フアンピ、ロロン、ケコ、ミケル・ビジャヌエバ、アドリアン・キンテラ

(高橋智行通信員)